ビル建築のコンクリート・モルタル工事から一般住宅の塗り壁・珪藻土リフォーム工事まで、創業40年の
信頼と実績でお客様の様々なニーズにお応え致します。 −宮城県仙台市 クレア工業株式会社―

トップ ≫ 左官について ≫ 左官材料
 和風建築の伝統的な壁のひとつで、土を使用してつくられる左官仕上
げの壁の総称のこと。
 
 竹小舞下地をワラや棕櫚(しゅろ)縄でまいて、粘土とワラすさを混ぜて
ねかしたものを塗り付けた荒壁に、土で上塗りした壁。

 湿気の吸収・排出に優れ、夏涼しく冬暖かいなど、室内の湿度、温度が
安定するので、高温多湿の日本の気候風土に適した壁といわれており、
断熱、遮音、耐火性、結露防止などに優れている。

 種類としては、仕上げ用の上塗りの土色により、内壁に使われる、「さ
び砂壁」、内外装の壁として使用される「聚楽」や「漆喰壁」、「珪藻土
壁」などがある。
 小舞とは、竹や葦(よし)などを使って格子状に組んだ、土壁の下地の
ことです。

 竹を用いた小舞を竹小舞と言う。柱に小さな穴をあけ、小舞竹といわ
れる割竹を横に渡し、さらに竹を交差するように組む。小舞竹と小舞竹
の交差する部分はワラや棕櫚(しゅろ)縄で巻く。
 こうしてできた下地に粘土とワラすさを混ぜてねかしたものを塗り付け
たのが荒壁で、さらに土で上塗りして土壁を完成させる。

 現代住宅では、壁の中に筋交いを入れたり、電気などの配線をしなけ
ればならないので、竹小舞を使った昔のままの土壁はつくることができな
い。
 日本の伝統的な土壁のひとつで、左官塗りの仕上げ材の一種として、
茶室などに広く用いられてきた。
 
 豊臣秀吉が京都に建てた聚楽第付近で産出された土が聚楽土と呼ば
れ、その土を用いたため、この名がついたといわれる。聚楽土に、すさ、
砂、水などを混ぜて施工される。
 
 耐火性に優れ、年月を経過しても変わらない、あたたかみのある独特
の風合いが好まれる。現在では、聚楽土は入手困難な貴重品なので、
珪砂や細骨材を混入した塗料を吹き付けて本来の聚楽壁に似せて仕上
げた壁も聚楽壁と呼ぶことが多い。
 消石灰を主原料とし、これにフノリ・ツノマタなど膠着(こうちゃく)剤、
ひび割れを防ぐため麻などの繊維質を加えて、水で練り上げた塗り壁の
材料。

 防火性が高いのが特徴で、古くは財産を守るため土蔵に使われた。
また、遮音性や遮光性にも優れており、調湿機能も持ち、季節の変化
に耐え、カビがつきにくいという性質ももつ。乾燥後の収縮率が高いた
めひびが入りやすいのが欠点。

 漆喰は日本古来より使用されてきた自然素材で、気候が季節ごとに
変化する日本にあった建材ともいえる。
 最も持続性の高い仕上げ材の一つとして平安時代から使用されてき
た。城郭建築などでも使われ、姫路城など、白い漆喰壁が数百年に渡
って構造体を保護し続けている
珪藻土とは、太古の植物プランクトンの遺骸が永年にわたって堆積して
できた土のこと。

 小さな粒子の仲に無数の孔質(空気層)を抱えていて、吸湿・放出に
優れ、結露やかびの予防に効果を発揮、消臭効果もあるため主に内装
壁として使用される。

 さらにホルムアルデヒドなどのVOCも吸着し、シックハウス症候群の
発生を抑制、調湿効果がある為湿度によるダニ・カビの発生で起こるア
レルギーやアトピーを防ぐ効果もあるとされている。また、土であるため、
廃棄しても自然の土へと還るため環境に優しい建材として今話題のに
なっている。
出展:All About
クレア工業株式会社
〒984-0822 仙台市若林区かすみ町24-15